転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

中型トラック運転手へ転職する


中型トラック運転手とは、4トントラックを用いて、大量の商品を配送先に届ける人のことを指します。

 

 

この中型トラック運転手の正社員になるには、中型免許が必須となっています。

 

どうしても中型トラック運転手になりたい人は、中型トラック運転手の正社員の求人に応募する前に、中型免許を取得しておかなければなりません。

 

 

中には、中型トラック運転手の正社員として採用した後に、中型免許費用を会社が全額負担してくれる運送会社もありますが、普通自動車第一種免許のみで、中型トラック運転手の正社員の求人に応募するのもあり。

 

今回は、中型トラック運転手の転職や就職について、触れていきます。

 

 

中型トラック運転手に転職や就職するために必要なことは、中型トラック運転手は、トラック運転のプロが行う仕事、ある程度自動車の運転が上手くないと業務に支障をきたす恐れがありますので、普段から自動車を運転していない人は、普段から自動車を運転する習慣をつけたり、中型トラックを運転できることをアピールするために、中型免許を取得して準備しておきましょう。

 

 

これらのことをトラック運転手になる前に行い、秩序正しい人間であることを面接でアピールすることができれば、中型トラック運転手として十分採用されます。

 

「中型トラック無料画像」の画像検索結果

中型トラック運転手の給料

 

 

中型トラック運転手として、例えば、運送会社に転職したとし、月収20万円~30万円と年一回~二回の賞与と無事故手当という待遇で、年収に換算すると年収300万円~450万円ほどの収入を得られます。

 

 

この収入を多いか少ないと感じるかは、個人の金銭感覚のよりますが、中型トラック運転手として、運送会社に転職して数年立った頃には、月収25万円~40万円と年一回~3回の賞与と無事故手当という待遇で、年収に換算すると、年収400万円~年収550万円ほどの収入を挙げることができます。

 

 

この収入額でも少ないと感じる人は、給与が高いと言われている長距離トラック運転手に転職するしかありません。

 

 

トラック運転手に指示を出す配送係にランクアップすると

月収40万円~月収60万円と年一回~3回の賞与という待遇で、年収に換算すると年収600万円~年収800万円ほどの収入を得ることができます。こんなにも高額な収入を得ることができれば、中型トラック運転手の配送係から転職をしようと思う人はほとんどいないはずです。

 

 

配送係から、トラック運送会社の役員にランクアップすると月収70万円~月収100万円と年一回~3回の賞与という待遇で、年収に換算すると年収900万円~年収1200万円ほどの収入をえることができます。

 

 

運送会社の役員を目指して、中型トラック運転手になるのも、1つの選択肢として考えておくのもあり。

 

 

中型トラック運転手に転職するメリット

1.仕事が終わったその日に家に帰宅することができる。

 

 

労働時間は1日9時間~11時間程度で、県内や近隣の県までが、運送範囲になっているため、その日のうちに家に帰宅することができる。

 

 

長時間労動をしたくない人には、中型トラック運転手は向いているといえます。

 

 

2.給料が良い。

 

 

短距離トラック運転手の年収が300万円と比較すると中型トラック運転手は年収400万円~450万円を稼げます。裕福な暮らしをしたいという気持ちが強い人は、中型トラック運転手になるという選択をするべきでしょう。

 

 

しかし、中型トラックを上手に運転するには、それ相応の運転センスが必要となってくるため、誰でも中型トラック運転手になれるわけではありません。

 

 

3. 4トントラックの運転スキルが挙がる。

 

 

中型トラック運転手として、毎日4トントラックで長距離を運転しているうちに、4トントラックの運転スキルが上昇します。

 

 

4トントラックの運転スキルが上昇すれば、普通自動車を難なく乗りこなすことができるようになったり、大型免許を取得するのも難なくできるようになります。

 

 

これらの利点があるため、4トントラックの運転スキルが上昇させることを目的に中型トラック運転手になるのはあり。

「中型トラック無料画像」の画像検索結果

 

4.お金が貯まる。

 

 

1日中トラックの運転をしていると、肉体的な疲れが溜まり、休みの日のほとんどを眠って過ごすことになります。

 

 

お金を使うことがなくなります。お金を貯めたいと思っている人は、トラック運転手になる選択をするのが最良の選択と言えるでしょう。

 

 

5.なんと言っても転職に有利。

 

 

中型トラック運転手をやっていましたと面接官にいうだけで、この人は根性があって、自動車の運転が上手い人なんだなと面接官に好印象を与え、その結果、面接官にこの有能な人間を雇いたいと思わせることができるのは確かですが、面接官によっては、この人は運転するしか脳がない奴なんだなと思う人もいるので、就きたい職の内定を得るまで苦労することもあります。

 

 

6.常に会社の中にいなくても良い。

 

 

会社の中で働くことが嫌いな人にとって、トラックの運転をするだけで給与を貰えることができる中距離トラックの運転手は天職そのものと言っても過言ではありません。

 

 

7.完全週休2日制。

 

 

大型トラック運転手は、トラックで長距離を走る仕事内容のこともあり、完全週休2日ではないですが、中型トラック運転手の場合は、トラックで中距離を走る仕事内容のこともあり、完全週休二日が保証されてます。

 

 

そのため、お金を稼ぎたいよりも休みがほしい人には、中型トラック運転手という仕事はおすすめです。

 

 

8.中型トラック運転手の正社員は未経験でも採用される。

 

今現在、トラック運転手は人手不足な状態にあり、中型免許を所持していれば、高い確率で中型トラック運転手の正社員の内定を得ることが可能です。

 

どうしても中型トラック運転手になりたい人は、トラック運転手の人手不足の今の内にトラック運送会社の正社員のポジションをゲットしておくと良いでしょう。

 

 

9.資格支援制度を儲けている。

 

 

トラック運送会社の多くは、中型免許や大型免許を取得するための支援制度が充実している所がありますが、中型免許の取得費用の一部を自分が勤めている運送会社が負担してくれます。

 

 

運送会社に就職してから、中型免許を取得したほうが、金銭的にお得だったりします。

10.年齢不問。

今現在、トラック運転手は人手不足な状態にあり、求職者の年齢を不問としている会社が多いいです。

 

一般企業で就職NGの扱いを受ける年齢の人もトラック運転手の正社員として就職することが可能です。

 

 

それでも、トラック運送会社の中には、求職者の年齢を20歳~50歳までに制限している会社が多々存在しています。

 

転職

この記事に関連する記事一覧