転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

就活がつらい時の3つの対処方法


就活がつらい!転職活動は、何社受けても内定がまったくもらえず、辛かったり、落ち込んだりします。自分自身に自信がなくなり泣きたい気持ちになるでしょう。

 

 

周りや親からのプレッシャーがきつかったりすると、夜眠れなくなったり、食欲がなくなったりしていく人もいると思います。

 

 

そうなると、追い込まれてしまい最悪な状況から、抜け出せなくなってしまいます。

 

就職活動の結果にとらわれ過ぎて、思い詰めてしまい、自分を見失ってしまいます。

 

 

1、気楽な気分になるためにはどうすればいい

就職活動でうまくいかないときは、適度な息抜きや休憩も必要です。自分の好きな趣味をしてみたり、おいしいものを食べてみたり、運動してみたり、就活活動のことは忘れて、楽しく、優雅な時間をすごせるようにした方が良いでしょう。

 

就活のことばかり考えて、心身ともに、余裕がなくなってしまい、いきずまってしまいます。気持ちの変化が重要なのでほかのことをすることで気分転換しましょう。

 

 

そうすることで、だんだんと気持ちが変化していき、前向きに取り組めるようになっていきます。

 

 

2、目標達成の強い意志を持つ

就職活動は、自分が入りたい会社の内定をもらうことが一番の目標です

 

中には就活することが、いつのまにか目的となってしまい、なんとなく続けている、結局なんの結果も得られず、ただ、だらだらとしてしまう人もいます。

 

 

長引けば、長引くほどやる気を失っていくので注意が必要です。行き当たりばったりな就活にならないために、よく考えながら、就職活動を進めることをお勧めします。

 

 

自身がないまま、面接に挑むと、それが態度や表情に出てしまい、残念な結果に終わってしまいます。

 

 

良い結果がだせなくて、苦しい状況なのはわかりますが、就活の時だけでなく、これからもいろんな場面で苦しい状況は訪れるでしょう。

 

 

入社しても、苦しい状況は訪れると思いますし、どのようなときでも、自分で流れを変えて結果を残せることが重要です。

 

 

元気のない人を見たら、この人は、入社しても、長つづきしそうにないという感想をもつでしょう。

 

 

普段は消極的で、暗い感じでもいいですが、面接のときには、無理にでも笑顔を見せれるように、ネガティブな感情は捨てて、180度気持ちを切り替え、明るく積極的な対応をしましょう。

 

 

3、気持ちの持ち方次第

私には無理だ、など、自分のことを責めすぎると、発散するエネルギーが弱くなってしまいます。

 

 

もしも、不採用の通知が届いても、自分が志望する、一社でも内定がもらえるまで、辛い状況でも、めげずに良い結果が出るまで続けましょう。

 

 

転職

この記事に関連する記事一覧