転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

40代の転職・再就職の成功率を高める6つのやり方


自分の考え方やアピールの仕方を変えることで40代の転職を克服し成功率を高めるやり方あります。

 

 

40代の転職者が、つまずきやすいポイントがいくつかあります。

 

 

1、「年齢が高いから無理」と固定概念に捉われないこと

 

 

40代の転職希望者は年齢を気にするあまり「どうせダメだろう」などという先入観が邪魔をして、数社不採用になると「もう年齢が高いからうまくいかないだ」と考え、落ち込み、転職・再就職活動を簡単にあきらめて、挫折しまいます。

 

 

このような方は、応募企業で能力を十分に発揮できなくなり、アピールができなくなっています。

 

 

企業は、年齢以上に「会社が求めている人材とのマッチング」を見極めているので、もちろん年齢的な給与や、ポストの問題などもありますが、応募企業が求めるスキルや経験を踏まえたうえで、積極的なアピールを心掛けるようにしていきましょう。

 

 

2、過去の経歴や実績にこだわるのはやめましょう

 

 

これまでのプライドが邪魔をして、転職がうまくいかない方も多いと思います。

 

 

例えば「前職が大企業」「年収が高かった」、あるいは「部下が大勢いた」というプライド意識が採用担当者に伝わってしまい、採用に至りません。

 

 

環境が変われば新人として真っ白な状態からスタートする位の気持ちが必要です。

 

 

また、前職が大企業だからといって、同等規模の企業に転職できるとは限りませんので大企業で培った経験や人脈を中小企業で生かせるような姿勢で臨みましょう。

 

 

3、年収ダウンを恐れてはいけない

 

 

これまでの年収は、前職で築き上げてきた実績です。なので転職・再就職先企業では、何も実績がないところからのスタートになります、一時的な年収ダウンも想定して活動する必要があるでしょう。

 

 

 

生活のうえでもちろん年収は大切なポイントですが、初任給や初年度年収へのこだわりが強いため採用に至らないことがあります。

 

 

40代では、転職・再就職時に年収が下がることもありますが、入社後活躍する人材になれば、昇給、昇格のチャンスは十分にあり得ます。

 

 

4、企業が求める人材像を意識

 

 

 

40代であれば、若い世代にはない職務能力や実績を具体的にアピールする必要があります。

 

 

 

管理業務ではなく、実務担当者として勤務したいということで転職を考える方がいますが、20代、30代の求職者と同等の職務能力であれば、企業は現状の給与や年収の低い方、若年層を採用するでしょう。

 

 

 

また、マネジメント能力を問われることも多くなり、その場合は、たとえ役職経験がなかったとしても、リーダーシップや後輩指導・育成力、チームやプロジェクトのマネジメント力があることをアピールするといいでしょう。

 

 

5、「会社になじめる人物」でなくてはならない

 

 

面接で「これまでに人間関係で困ったことは?」など適応力を見極める質問を受けることがあります。

 

 

良好な人間関係を築いてきたと回答するだけでなく、回答時の表情にも注意して明るく対応しなくてはなりません。

 

 

40代の転職では、職務能力だけでなく、良好な人間関係を築けるかという組織適応力もチェックされます。

 

 

優秀な人材でも表情が暗い応募者であれば、面接官は「ほかの社員とうまくやれないのでは」と採用を躊躇します。

 

 

40代の転職・再就職では、上司が自分より若いケースもありますので、応募企業になじめる人材であることが求められます。

 

 

6、職務経歴書の書き方は分かりやすく

 

 

これまでの経験が多ければ、どうしても職務経歴書が長くなってしまう傾向があると思いますが、やってきたことを羅列するのではなく、応募企業で生かせる経験、実績を強調、整理し、明確に記載しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

転職

この記事に関連する記事一覧