転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

年収アップ転職を成功させる6つのポイント


年収アップ転職を成功させるために必要なポイントは、どのようなものがあるでしょうか。6つのポイントをアドバイスします。

 

 

ご自身の場合にどのような可能性があるか、ぜひ参考にしてみてください。

 

1、「給与規定」で定められた年収水準がアップ

 

 

多くの企業が各社員の給与を算定するための「給与規定」を用意しています。その基準は基本的に各社が独自に定めるものであり、

 

 

業界や企業の規模、あるいは方針などによって、その「相場」が異なってきます。情報を個人で入手することはなかなか難しいですが、

 

 

この「給与規定」で定められた年収水準がより高い企業へ転職することができれば、年収アップにつながりやすいでしょう。

 

 

また、転職活動をしていると、内定時に提示される金額に着目しがちですが、入社3年後、5年後の年収額をシミュレーションする際にも、

 

 

「給与規定」は参考材料となるでしょう。

 

 

2、実力重視の評価制度で年収アップ

 

 

「年功型」の給与体系で働いていた人が「実力・実績評価型」の企業に転職した場合、評価方式そのものが大きく変わることになり、

 

 

年収アップのチャンスが生まれることがあります。また、「給与」と「実績」の連動性が高い評価方式ほど、年収アップの

 

 

可能性も広がりますが、そのような評価方式の下では、「実績」を出し続けなければ収入の維持が難しくなることもある。

 

 

採用企業がどのような評価方式をとっているか、「年功型」「実力・実績型」のどちらかに偏っていないか、などを確認すると良いでしょう。

 

 

3、必ずしも年収アップ=大手企業への転職ではない

 

 

大手企業への転職が必ずしも年収アップにつながるとは限りません。逆に中小・ベンチャー企業など企業規模が小さくなるほど、

 

 

一人の人材が会社に与える影響は大きくなるので、活躍の見込みがある人材を採用したい場合は柔軟な方法で年収を決定する

 

 

ケースも多数あります。また転職時の年収が低い場合でも、大手企業に比べてポストが空いているケースもあり、数年後にポストに就くことで年収アップする可能性もあります。

 

4、福利厚生・諸手当で事実上の年収アップ

 

 

企業から受け取れる諸手当なども「事実上の年収」をアップさせうる要素になります。

 

 

例えば代表的なところでは「住宅手当」や「家賃補助」などが挙げられます。

 

 

現在の職場と転職先を比べたときに残業時間(残業代)にどのような違いがあるか、などの観点も同様です。

 

 

収入に対して残業代の占める割合の大きい方が残業の少ない職場へ転職すれば、

 

 

残業代だけで見れば大幅な減少になるかもしれません。転職にあたっては、これら手当なども含め、正確にご自身の収入の内訳を

 

 

把握しておくことが重要だといえるでしょう。

 

 

5、経営状況に影響されやすい賞与額

 

 

経営状態の差が表れやすい例として挙げられるのが、賞与額でしょう。業績が好調な企業を選ぶことは、短期的には賞与額として

 

 

年収に影響を与える場合も少なくありません。ただ、目先の賞与額だけを見て転職先を選ぶというのはあまりに安易です。

 

 

あくまでもそれを通じて、事業・業績の成長性はもちろん、企業がどのような形で利益を社員に還元しているのか、賞与の算出根拠を

 

 

おさえておくとよいでしょう。

 

 

6、「あなたを採用するメリット」をしっかりと企業に伝える

 

大切なのは、あなたがどのようなキャリアや経験を持ち、それを活かして転職先の企業にどのように

 

貢献できるのか、その企業があなたを採用するメリットは何か。その一方で、現在の収入がなぜ・どの程度低いと考えているのか、

 

比較しているのはどのような相場か、「あなたを採用するメリット」と「年収アップを希望する理由」をセットで提示できるよう、

 

準備を整えてアピールするとよいでしょう。

 

転職

この記事に関連する記事一覧