転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

就活の面接通過率を上げる方法!


面接が始まる前からドキドキしてしまい、就職活動の面接で緊張してしまう方も多いと思います。

 

 

面接が始まっても「動きがぎこちない」とか「声が出ない」こともあると思います。

 

 

面接に慣れていないと仕方がない面もありますが、だいたい初めて会った相手の「第一印象」は、その後もよく覚えています。

 

就活の面接のときは応募者も面接官もお互いに初対面ですから、「相手がどういう人なのか」という相手を観察することに気持ちが集中しています。

 

 

おそらく出会ってから1分以内に「どういう人なのか」を分類すると思います。

 

 

最初に「悪いイメージ」を持たれてしまうと、面接中にイメージアップをはかるのは、かなりむずかしくなります。

 

 

ですので面接開始の時に面接官に「良いイメージ」を持ってもらえるようにしましょう。

 

 

第一印象の重要性

 

 

最初に示された特性が相手の印象に残り、後の評価に大きな影響を与えるというものです。

 

 

出会ったときの最初の数秒でその人の印象が決まってしまい、第一印象は一度形成されてしまうとその後は払拭することがむずかしいと言われています。

 

 

そして初対面の人について、どの要素を優先して判断しているかを調べた結果、視覚が55%で半分以上、あとの45%は聴覚、言語です。

 

 

特に視覚が55%ということは、第一印象の半分が「見た目」で決まるということです。

 

 

確かに就活の面接では基本的に服装はスーツですし、身だしなみなどの見た目にも気をつかわなければなりません。

 

 

髪の毛がボサボサで身だしなみが整っていないと、やる気がなさそうな印象を相手側に与えてしまいます。

 

 

しかし今はスーツ姿も清潔感があって身だしなみも整えてくる方が多いです。

 

 

面接で顔を合わせたときの最初の数秒でどうやって第一印象を与えるには、日本人の精神の中には挨拶にこだわりがあります。

 

 

日本には「礼に始まり礼に終わる」ということわざがある通り、これは「相手への敬意を示す」という考え方が根底にあります。

 

 

そしてこの考え方が日本の文化や生活にも深く行きわたっています。

 

 

多分、親や教師から言われたことがあると思いますが、これは「挨拶がしっかりできる」ことによって相手に認めてもらえるということです。

 

 

しかし、スーツを着て身だしなみが整っていても、挨拶もろくにできない人は「やる気がなさそう」といったマイナスの印象を持たれることもあります。

 

 

このように挨拶の仕方ひとつで、相手に与える自分の印象はかなり変わってしまいます。

 

 

挨拶の仕方だけで第一印象は大きく変わる。

 

 

面接に来る方を見ていると、面接の最初の挨拶を簡単にすませる人の中には「頭を下に傾ける」程度の挨拶しかしない方もけっこう多いです。

 

 

おそらく多くの方は挨拶の仕方など意識していないけど、心の中では「自分は挨拶ができている」と思っています。

 

 

企業の面接官もそうした挨拶をとがめたりはしませんし、むしろ面接官側が同じような簡単な挨拶ですましている方も多いので、ほかの応募者たちと差をつけるのはその挨拶の仕方です。

 

 

なぜ挨拶が重要かというと、そこに「相手へ敬意を示す」という態度がにじみ出るからです。

 

 

出会ったときの最初の数秒で第一印象が決まり、感じが良ければ「ああ、この人は良い人だな」と最初に感じてもらえます、その印象の良さが面接の最後まで持続します。

 

 

これによって自分の良い部分はより強調されて印象に残るようになりますし、面接中のミスや落ち度を第一印象の良さがカバーしてくれます。

 

 

逆に挨拶ができていないと、面接中のミスや落ち度がよけいに目につくようになります。

 

 

日本人は丁寧なあいさつをする人に無意識に良い印象を持ちます。

 

 

相手が自分に敬意を示している以上は変に邪険にはできませんし、むしろ多少のことは大目に見てくれる態度で接してくれます。

 

 

挨拶の仕方ひとつで相手の気持ちを動かすことができることを心の片隅においといて下さい。

 

 

転職活動での髪の色

 

 

面接担当者にマイナスなイメージを与えないためには黒髪がベストです。茶髪や明るめで目立つ髪の色はリスクがあるので気おつけましょう。

 

 

どの業界にも共通して言えることは身だしなみです。不潔であれば相手側に良くない印象を与えてしまうので、面接の際には清潔感があるようにして下さい。

 

 

黒髪でもぼさぼさで寝ぐせがついていたりすると、マイナスな印象を与えてしまうので、面接の前日、あるいは当日に、髪を洗って乾かし、脂質体質の人は当日に洗髪して下さい。

 

ベタツキやテカリは注意が必要です。長い髪は結び、清潔感があるように、しっかりセットして下さい。髪を茶色に染めている人は無理に黒く染め直さなくても、トーンダウンした茶色にし、色味は抑えた方が良いでしょう。

 

黒髪が常識とされるところは、お客様には黒髪で対応しなければなりません。

 

 

例えば、保険、証券、銀行、病院、ホテル、航空建築関係が、黒髪での対応が必要です。

 

働く

この記事に関連する記事一覧