転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

飲食店の仕事から事務の仕事に転職するノウハウ3つ


私は、飲食業界で働いていました。

 

 

基本的に肉体労働の仕事のせいか、その反動でデスクワークの仕事に憧れていました。

 

 

実際に、接客業から事務職の仕事に転職しています。

 

飲食店といった、事務とはあまり関係のない仕事から、デスクワークの仕事に転職できるのかどうか悩んでいたのですが、十分に可能です。

 

 

ただし、大手の企業の事務の仕事に転職するのは難しいので、人手不足の中小企業を狙った方がいいでね。

 

 

また、男性と女性の方ですと、やはり女性の方が優先されるケースが多いです。

 

 

女性しか応募していない事務の仕事は求人を見れば大体分かります。

 

 

資格を取得した方が良いのかという点ですが、事務のどのような仕事に就くのかにもよります。

 

 

事務は資格よりも実務経験の有無が優先されます。

 

 

そのため、資格があるからといって有利になる事は少ないです。

 

 

ただ、経理の場合は、簿記検定の有無が応募条件にされる事があるので、経理を目指している方は簿記の資格を取得しても損はないと思います。

 

 

私の体験から言えば基本的に日商簿記検定3級あれば十分です。

 

 

2級は資格手当が貰えるのでしたら、入社後に目指せば良いと思いますし、日商簿記検定3級を条件にしているという事は、入社時点でそれほどの知識は求めてはいないので、入社後の教育で覚えて貰えば十分だということです。

 

 

逆に日商簿記検定2級の場合は、即戦力になる事を見越している事が多いです。

 

 

そのため、実務未経験者の方は、採用担当者が余程相手に可能性を感じない限り採用しない事が多いと思います。

 

 

一般事務を狙うのが一番採用される可能性があると言えまが、中小企業の場合は、事務総合としての傾向が強いので、経験を積んでいくと、仕事の幅が広がって行き忙しくなる事が多いです。未経験者歓迎と書かれていても、企業の本音としては、やはり、即戦力となる経験者の応募があれば優先したくなるのが本音です。

 

 

アピールの仕方

面接の際は経験者のアドバンテージを覆い被せるように、飲食店で学んだことや、経験、そして何よりも企業に対する志望動機を通して、一緒に働きたいという強い思いを伝えるように心がけましょう。

 

 

飲食業で事務が未経験の場合、どのようなことをアピールしていったらいいか。

 

 

まず基本的な部分として接客で培った元気な部分を態度で示しましょう。

 

 

事務職の人は営業職の人と比べるとやはり少しおとなしくなりがち。そんな中で明るく、笑顔、元気な態度で面接に臨むと好印象になります。

 

 

店舗の数値管理などをしていた場合にはどうやって管理していたのかなどの経験も話せると良いですね。

 

 

そして一番のメインの部分、自分が何故事務職を目指しているのかをアピールします。

 

 

飲食業から転職する人の中にはどうしても「休みがない」などネガティブな理由から転職をするという人が多いのですが、そこは言わず、事務職を通じてどういったことを目指していきたいのかを明確にして、その会社の何が好き・面白そうなのかを喋れるとなお良いでしょう。

 

 

もし自信がないのであれば転職コンサルタントや友達や家族に面接のリハーサルをしてもらったりするのもありです。

 

 

大失敗の発言

失敗しがちな言い回しが次のような言い回しです。

 

 

「未経験ですが御社に入社して、しっかりと勉強させていただきます」

 

 

本人は謙遜しているつもりなのでしょうが、この回答はNG。

 

 

会社は学校ではないからです。

 

 

実務レベルのことは会社に入って学ぶというのはしょうがないでしょう。

 

 

ただ、最低限自分でできる勉強は準備しておくのが大人としてのマナーというものです。

 

 

本人は礼儀正しくしているつもりで大失敗の発言なので、注意が必要です。

 

 

事務の仕事をして行く上で最低限身に付けておくべきスキル

最低限パソコンだけは使えるようにしましょう。専門的な事はできなくても、未経験者歓迎の求人に応募する事はできます。

 

 

ただし、基礎的なワード・エクセルの打ち込みといった事はできるようになってくださいね。

 

 

また、エクセルの関数やアクセス、パワーポイント等ができれば採用される可能性が一気に上がりますし、応募できる求人も増えます。

 

 

正直にいって、簿記の資格を取得するよりも、遥かに評価されると言っても良いです。

 

 

未経験というハンデを補うために、まずはエクセルの関数やパワーポイント等を勉強すると良いと思います。

 

働く

この記事に関連する記事一覧