転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

社内評価と市場価値


今、会社で給料として、貰っている額は本当に自分の市場価格を、正しく反映しているのだろうか、自分のスキルや、業績、成果とは関係なく、他の人との兼ね合いなどで、なんとなく決まっている額なのではないでしょうか。

 

360度評価や、ウィルキャンマスシート、ミッションステートメントなど社内評価の方法は、いろいろありますが、こういう評価のやり方は、納得感のある ものではなく、社員同士の給与の差をある程度の納得感を持ってつけるため、値付けされた額を市場価格と言ってしまうのは違和感がある。

 

 

社内での評価を自分の人材価値だと思い込んでしまうと、転職の際に壮絶な勘違いが起きる。

 

 

転職の際に提示される給与額は、企業間の人材獲得競争という市場原理が働き、市場価格にふさわししい。実際に今の会社で もらっている給与額より著しく低かったり、高くなったりすることはあります。

 

 

社内価値

終身雇用制度が破壊し、いつリストラの対象になってもおかしくない時代です。そこで重要になってくるのが市場価値です。

 

 

社内で、どのように評価されているか、気にしたことはないという人は、たぶんいないと思いますが、自分のことをエリートだと思っていても一歩会社を出ると、ただの普通の人材として見られてしまいます。

 

 

逆にあまり評価されていないと感じていても、会社の外にでれば、思わぬ高評価をもらえるというケースも少なくありません。

 

 

社内価値とは職場での地位、ポジションのことを指します。課長よりは部長のほうが社内価値が高いということです。

 

 

同じ地位の中であれば、業績や昇進の度合いによって社内価値はつけられます。ようするに、年収こそ社内価値ということかもしれません。

 

 

しかし、会社内の独自の基準で決められたものなので、個人の客観的な価値を測る尺度とは一概に言えない。

 

 

市場価値

市場価値とは、会社の外で評価される価値、つまり、社会からどれだけ求められている存在かということです。

 

 

社内で優秀な人が転職活動をし、数か月たっても、就職先が決まらないとしたら、自分が思っていたより、市場価値は高くなかったということですね。

 

 

一つの会社に長く勤めた結果、高いポジションに就いているような人は、年齢の割に、柔軟性多様性に貧しいと評価されてしまい、市場価値が低くなることもあります。

 

 

会社で高く評価されていない人が転職したら年収が倍になったという人もいます。

 

そういう人は社内価値が不当にひくかったということです。大きな損をしないためには自分の価値は、社内価値と同じなどと、思い込まないほうがいいです。

 

 

社内で与えられた評価だけを気にしてしまい視野が狭くなってしまっていると、会社から離れた時に気に入ったオファーが来ないといった事態に陥ります。

 

 

貴重な転職やキャリアアップの機会を逃さないためにも、現在の自分の市場価値を把握しておくことは重要です。

 

 

 

自分の市場価値を知る方法

市場価値は自身の能力、市場需要によって決まります。積極的に第3社からの意見や評価を貰いましょう。

 

 

転職エージェントに登録すると転職希望者に個別のコンサルタントが付きます。

 

 

面接、スカウトといったやりとりが頻繁に行われ、いろいろな事例を踏まえ、客観的アドバイスが貰えます。市場需要は、転職サイトに自分の履歴書、職務経歴書を登録しておけば、企業から、スカウトメールを受け取ることができます。

 

 

面接や問い合わせの手間が掛からなく、スカウトメールの量、質で自分の市場価値がどれだけあるか知ることができます。

 

 

一つ高い視点で自分のキャリアを考える

ハイクラスを対象としたビズリーチに登録しておけば、一つ高いレベルで自分のキャリアについて考えることができます。

 

 

管理職や専門職など、ハイクラス層を対象にしています。登録の時点で審査が行われ、場合によっては、登録すらできないこともありえます。

 

 

レジュメを登録することでハイクラスな求人情報を受け取ることができます。レコメンド機能で思ってもいない出会いがあるかもしれません。

 

 

これからの時代は、常に社会全体に広い視野を持ち、とらわれない考えでキャリアアップを考えていかなければなりません。

 

 

今いる自分の会社だけを職場だと思う時代は終わったのです。

 

転職

この記事に関連する記事一覧