転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

悩んでても時間の無駄、看護師の転職を考える方法3つ


私は、看護師になることが夢でした。

 

 

辛い実習を乗り越えて夢だった看護師になりました。

 

 

入職3ヶ月が経った頃、すでに毎日辞めたいと悩んでいました。

 

 

同期の子は、明るくイキイキと仕事をしているのに、業務の要領が掴めずにオロオロしたり無駄な動きが多く、聞きたいことがあっても恐ろしい先輩が怖くて聞けなくて、業務がどんどん遅れてしまったりしていました。

 

 

重症度の高い部屋が受け持ちなのでほぼ部屋にこもりきりや、不穏の患者さんの対応に時間を取られたりするので自分の仕事だけにかかりっきりです。

 

 

自分の仕事さえ終わらすことができない、、何故こんなに不器用なのか要領が悪いのか、つくづく自分が向いていないのではないかと落ち込んでしまいます。

 

 

プリセプターさんは、現役同期には母のような優しい笑顔を見せるのに、私に対しては素っ気無く冷たくされます。

 

 

新人看護師って、やはりこのような扱いをされるものなのでしょうか。

 

 

看護師を目指す前は、明るく大らかな性格で自分のことを好きだっていえましたが、今は何事にも自信の持てない暗いダメ人間になってしまった自分がイヤで仕方ありません。

 

 

毎日、今日は明日は、何を怒られるんだろう言われるんだろうと、いっそのこと事故にでもあって死ねたら楽なのにと願う日々です。

 

 

いじめを解決する方法

 

 

いじめを解決するためには、いくつかの方法があります。

 

 

職場内で解決できない場合もあるので、最終的には転職することが一番の解決法です。

 

 

しかし、転職以外にもできることはあります。

 

 

解決に向けて動いていきましょう。

 

 

職場でいじめにあった時は、無理して我慢する必要はありません。

 

 

耐えても得られるものはありませんし、何より耐えすぎることで精神疾患にかかるリスクもあります。解決のために動いても解決されないのであれば、転職に向かって動き出しましょう。

 

 

転職すれば自分に合う病院が見つけられる可能性があります。

 

 

他の病院・施設への転職を考える

 

 

この病院にいてもムダだと思ったら、きっぱりと他の病院や施設への転職を考えましょう。

 

 

あなたが悪いわけではありませんし、いじめが続くような職場にいても何も得られるものはありません。

 

 

そういう時は、転職サイトのコンサルタントにいじめが原因で転職を考えていることを伝えてみて下さい。

 

 

あなたが就業を希望する地域の中から、人間関係の良好な病院・施設を紹介してくれるはずです。

 

 

転職することのメリットは、環境が大きく変わることにあります。

 

 

特に、転職先が人間関係の良好なところであれば、あなた自身も能力を発揮しやすい環境に出会える可能性が広がります。

 

 

転職支援サイトに登録すると、そういった内部情報も担当コンサルタントに教えてもらえます。

 

退職理由は「既婚者」と「独身者」に分けられる

 

 

あなたの心の中ではすでに固まった『退職の意思』。

 

 

トラブルを避け、スムーズに退職するための退職理由は「既婚者」と「独身者」に分けられます。

 

 

既婚者が「辞めたい理由」を伝える場合

 

 

既婚者の人の退職理由は、『家庭の都合』の一言で十分です。

 

 

もしもその詳細を聞かれた場合は、子どもの世話や教育、夫の仕事が忙しくなってサポートしてもらうのが難しくなった、両親の介護など、家族構成に応じて“ありそうな事”を言えばOK。

 

 

子どもがいないご家庭では、「夫から専業主婦になってほしいと強く要望されている」とかでも構いません。

 

 

独身者が「辞めたい理由」を伝える場合

 

 

独身の場合は、ちょっと工夫が必要になります。

 

 

少しゆっくりした時間を持ちたい

 

 

退職したらしばらく仕事から離れてゆっくりしたいと思っている人は、「身体が持たない」「ゆっくり旅行に行きたい」などの理由がいいでしょう。

 

 

退職後、すぐに新しい仕事につく予定の人であれば、「別の分野も学んでみたい」、「看護師として成長するために、別の病院も経験してみたい」「もっと家から近いところで働いきたい」など、“働く意欲はあるんだけど今の職場では絶対に実現できない理由”があるから辞めたいと伝えましょう。

 

 

できれば、退職してから次の仕事を探すのではなく、在籍中に新しい仕事の内定までGETしておくことが理想です。

 

 

仕事しながら就職活動なんて無理と感じる人は、転職エージェントの力を借りるといいでしょう。わざわざ自分でハローワークに行かなくても、およその希望を伝えておけばコンサルタントが条件に合う職場をピックアップして教えてくれます。

 

 

転職エージェント選びに迷ったら、会社の規模が大きくて安心な「看護のお仕事 」か「マイナビ看護師 」を選んでおけば間違いありません。

 

 

次の再就職先がすでに決まっている人は、上司もそれほど強い引き止めができません。

 

 

しかし、再就職の予定がない人であれば、上司は「上手く丸め込めれば退職を延期してくれるかも」という期待を持って、必死にあなたを説得にあたるでしょう。

 

 

引き止められて気持ちが揺らいでしまうという人は、再就職先を決めてから退職の意向を伝えることをお勧めします。

 

 

 

 

働く

この記事に関連する記事一覧