転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

看護師の給料?とやりがい!


看護師の資格を取得するメリットは、一度資格を取得すれば、ほぼ確実に仕事ができることです。

 

 

看護師は国家資格です。人の命に関わる仕事であり医学や、看護学など、知識、技術ともに質の高い内容えを学び試験に挑みます。合格すれば、確実に仕事があるので、求人がなくて困ることはありません。

 

 

看護師の求人は、需要が広く、今後も狭くなっていく気配はないです。

 

 

 

給料はどのくらい?

専門性の高い仕事なので、他の仕事に比べて給料は高い場合が多いです。

 

 

日本看護協会の調査では、看護職の2013年1月支給分の2013 年1月支給分の給与総月額の平均は37万4,298 円でした「30~35 万円未満」が21.5%で最も多く、40 万円 未満で全体の約6割を占めます。

 

 

看護師は、国家資格であり資格を取得するため3年、ないしは4年勉強をしてきています。

 

 

仕事への誇りや、緊張が仕事への満足につながります。

 

 

誰もができる仕事ではありません。そして看護師は、患者さんの健康や精神面をケアしながら、命に寄り添う仕事です。

 

 

看護師を希望する人の多くは、人の役に立ちたいという、強い使命換を持っています。

 

 

看護師が活躍できる職場

 

 

病院、大きな総合病院や大学病院、クリニック、訪問看護事業所に勤務する訪問看護師。

 

 

在宅診療の医師や介護職のヘルパーなどとも連携しながら仕事を進めます。

 

 

老人ホームやデイサービスなどの介護施設で働く看護師も、需要が高まっています。

 

 

他の活躍の場としては、保育園もあり、常駐で働く人も多いです。

 

 

また、看護学校などで教鞭をとる、医療機器メーカーや製薬会社に所属して、製品の説明や使用方法などのレクチャーをするなどの仕事もあります。

 

 

やりがいについて

患者が回復していく過程を見られたり、患者やその家族から感謝されたりするときは、看護師になってよかったと実感できる瞬間だといいます。

また、チームで看護を行うことが多いため、チームがうまく機能しているときや、支え合いながら難局を乗り越えられたときも、やりがいを感じられる。

 

 

収入が高めであることや、安定した職業であることも、やりがいを感じられる重要なポイントといえます。

 

一方で、責任の重さや、業務の厳しさに対して、評価や収入が見合わないと感じる場合もあるようです。

 

 

深刻な現場に立ち会うことが多く、些細なことも患者の命に関わるため常に注意力が必要で、精神的な負荷がかかりやすい職業でもあります。

 

 

体への負担も大きく、夜勤のある二交代や三交代での勤務体制の場合は、生活のサイクルも乱れがちであるため、自身の健康管理も重要です。

 

 

看護師になるには

看護師として仕事をするには、「看護師資格」を持っていることと、「登録」していることが必要です。

 

 

看護師資格を取得するには、国家試験に合格しなければなりません。

 

 

受験資格は、一般的には、看護系の大学で必要な学科を修めて卒業(見込みも含む)していること、看護系の短期大学や専門学校などで3年以上必要な学科を修めていること

 

 

指定された看護師養成所を卒業(見込みも含む)していることです。

 

 

試験の内容

看護師の学科試験ははっきり言って、高校受験の試験問題と同じくらいですね。私の周りは受験生はみんな、高校生でした。

 

 

面接試験の時、面接担当の教員が、ため息をつきながら机の上に投げて置くと、私に言いました。

 

 

いい大学出て、いい会社で働いてきても、看護の世界では通用しないとはっきり言われました。

 

 

構成労働省の調査によると看護師養成講座の16%は25歳以上、准看護師養成課程の時点で50%くらいの割合です。

 

 

看護師の資格を取得すれば景気動向に関係なくほぼ100%就職できる資格だと思います。

 

 

学費も少額金を制度を活用して費用を低く抑えることもできます。看護学校に入学しても、周りは高校を卒業したばかりです。社会人入学看護師としてのメリットは、社会人経験で涵養された人間としての成長が看護の質の向上に繋がるなどということもあります。

 

 

(2016年度)人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論及び看護の統合と実践

 

 

働く

この記事に関連する記事一覧