転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

ワークライフバランスを実現


ワークライフバランスを求めた転職を実現するためには、会社選びは慎重におこなわなければなりません。いい加減に転職先を選ぶと、結局は、またハードワークな職場を選んでしまう可能性が高いので、こんなはずではなかったということだけは避けるべきです。

 

 

そのためには、募集要項にはない重要な情報を調べることが得策でしょう。

インターネットの掲示板で社員の声を見ることができますし、その会社の社員に直接聞くことができるチャンスがあるなら事前に聞いておくのも良いでしょう。

 

勤務時間8:00~17:00と表記されていても、実際には、ほぼ、毎日残業で帰宅は夜11時なんてことはザラかもしれないので、残業できないのであれば、その会社は避けるべきですね。

 

 

どれくらいまで帰りが遅くなるか、早く帰りずらい雰囲気はあるのか、現場にいる社員に接触できれば、情報源として一番信頼できると言って良いでしょう。

 

 

接触できる機会がない人は、どうやったら社員の方と接触できるのかが問題となってきます。

 

 

転職を考えている会社に、都合よく知人がいるとは限らないので、フェイスブックなどで、知人の知人を訪ねて見るのもいいかもしれません。

 

 

フェイスブックを利用する

フェイスブックを利用する場合は、検索範囲を2ステップまで拡げると、自分が検討している会社を見つけやすいと思います。

 

 

このやり方の押さえておきたいところは、快く友人を紹介してもらうためには、常、日頃から直接の友人と関わっている関係性を大切にしましょう。

 

 

転職する前に会社を辞めると

転職が決まる前に会社を先に辞めてしまう際にまず問題になるのが、収入が途絶えてしまうこと「貯金があるから大丈夫」と思っていても、預金額が減少していく状態は精神的によくないです。

 

 

退職後も払わなければならない年金や健康保険、家賃や食費といった生活費も生きている以上はかかります。

 

 

会社を辞めてしまい、予定以上に出費がかさんで不安になってしまう。そんな状態で転職活動をしてしまい、「急いで決めなければ」という不安とプレッシャーの中で出した結論は、結局は満足できない転職先でという妥協に過ぎない結果に終わってしまう。

 

 

辞めてから行う転職活動には他にも実質的なデメリットがある。給与交渉がどうしても不利になってしまうのだ。

 

 

働きながら転職活動をしていたいるのであれば、給与交渉の際に「今の会社の給料はこのぐらいで、これよりは下げたくない」ということが言える。

 

 

ところが、無職の状態で転職活動をしていると、「今はゼロ」という状態なので、相手の出す条件を跳ね返すことができない。

 

 

交渉を不利にしないためにも、転職活動は今の会社を辞めずに在職したまま行うのが基本だと心得ましょう。

 

 

退社をしたら、待っていたのはお金の苦労

私は、転職先を見つける前に会社を辞めてしまいました。今でいうブラック企業で、残業代は0でモラハラのある会社だったので、耐え切れず後先考えずに辞表を提出しました。

 

 

その時は解き放たれて、解放感があったのですが、自由な気持ちになったのは、せいぜい一週間です。

 

 

来月からは無収入。失業保険の請求手続きはしましたが、自主退職ですのですぐにはもらえません。

 

 

一ヶ月半位の食事代ぐらいは困りませんでしたが、その後は地獄でした。就職活動には交通費や、外出先でのランチ代などもかかりますから、その出費を抑えるために、歩ける範囲で歩き、貧しいと気持ちも貧しくなってきて、就職面接でも余裕の笑顔がなかったように思います。

 

 

このせいでなかなか次の就職先が決まりませんでしたが、退職後三か月目に突入するという時にようやく次の職場が決まりました。

 

 

その時の所持金は1000円ほどで、貯金残高は6000円でした。あんな思いは二度としたくないと思い、次からは転職先を見つけてから退職するようになりました。

 

 

転職に有利な時期は存在するか

転職活動をする時期は、人それぞれ、自分の都合でコントロールすることができる。

 

 

そうなると、少しでも有利な時期に転職活動をしたいと思うのが自然である。

 

 

では果たして、このような「転職活動に有利な時期」というのは存在するのだろうか?

 

 

求人数は一応2〜3月と8〜9月に増える

多くの企業が3月を決算月、9月を半期の終わりに設定していることに起因している。3月は年度の終わりなので、これを期に退職した社員の補充という形の求人ニーズが生まれやすい、期初や半期の始まりに求人ニーズは増えます。

 

 

この時期はたしかに求人数が増えて選択の幅自体は広がります。

 

 

ですが、結局のところ転職のしやすさという点では決定的に有利になるとは言えません、期末の求人は採用計画を達成できなかった企業が再募集をかけています。

 

 

「転職は2〜3月、あるいは8〜9月が有利」といったような情報はあくまで参考程度にとどめておき、基本的には自分の状況を優先して転職活動を進めることをおすすめします。

 

 

自分の年齢、現職の勤務状況が重要

自分の年齢、現職の勤務状況のほうがずっとダイレクトに転職活動の有利・不利に効いてくる、たとえば、年齢が20代前半?20代半ばぐらいであれば、この年代はもっとも求人が多い年代なのでヘタに景気動向や求人ニーズを見極めようと待っているよりも、さっさと動いたほうが有利です。

 

 

基本的に転職は、思い立ったが吉日です。

 

転職活動のタイミングは、今、働いている会社の業務状況が実際には重要です。

 

現職の繁忙期と転職活動の時期を被らせてしまうと、面接などのスケジュールをこなすことができずにそもそも転職活動が失敗に終わることがある。

 

有利な時期を見極めようとしすぎて、自分がそもそも活動に集中できない時期に転職活動をはじめてしまわないように注意しましょう。

 

 

働く

この記事に関連する記事一覧