転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

人事異動による企業への影響


今の会社は自分には合っていないと思ったら、転職して自分に合った仕事をする。

 

 

フリーランスするなり起業する。

 

 

雇用という状態を抜け出しやりたい仕事をするか今の会社にとどまり異動願いを出して希望の仕事ができる部署で仕事をするなど、選択技はいろいろあるとは思いますが、仮に異動ができるなら、それが一番いいと思う人は多いようで少ないかもしれません。

 

ある程度の会社の大きさがないと異動もできません。

 

 

人事異動による企業への影響

企業にマイナスの影響が大きく出るケースがあるので注意が必要と言えます。担当者が変わって、仕事の量や質が劣れば業務に支障がでます。

 

 

特に固有の技術を保有している担当者が、その技術を伝承しないまま異動してしまうと品質、性能面でおおきなトラブルが発生することもあります。

 

 

そして、営業担当者が転勤で変更すると、以前の担当者の人脈が切れたりして、販売競争力の低下を招くこともあります人事異動は業績を、大きく損ねるマイナス効果がありす。

 

 

人事異動による社員へのリスク

人事異動の命令を下された従業員にも影響が及びます。職場が変わることで上司や同僚との人間関係を一から構築しなければならないという労力が必要になります。

 

 

もし、失敗すれば居心地の悪い職場で働かなければならなくなります。

 

 

また、担当の 職種が変われば、それまでの知識、経験が活かせなくなってしまい、新たな知識の習得が余儀なくされます。家庭を持つ人であれば、当人だけでなく、家族への影響も起きてきます。

 

 

このように、人事異動とは従業員に大きな影響が及び、仕事への影響だけでなく、当人に大きな不利益が生じる場合は人事トラブルとして問題化することはしばしばあります。

 

 

会社としては、できるだけ異動させたくないというのがホンネです。

 

 

もしあなたが、自分のやりたい仕事をしたいと願い本当に異動したいと思っているなら異動願いの最大の問題としては、「聞き入れられる保証はまったくない」ということです。

 

希望部署に異動願いを出したとしても、自分の希望している部署に異動できるかどうかは結局会社の決定次第で、本当にあるのかどうか分からない異動を待つことになりかねない。

 

 

会社の立場からすれば、貢献度の高い人はあまり異動させたくないというのがホンネです。

 

 

できる人ほど、異動させてもらえないというのが現実です。

 

 

仕事があまりできない人なら異動しやすいのかというと、そうではなく、できない人は言わば会社のお荷物なので、閑職への異動はあっても、本人の希望する部署に異動させようとは、簡単には思いません。

 

 

人事の決定権を持つ人まで、希望が伝わらなければ意味がないし、上司が途中で希望を握りつぶせば異動願いなど存在はしません。

 

 

異動願いが聞き入れられるまでには、時間がかかると思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

異動をしたいと言いつづけ、入社後やっと10年経って異動できたということも少なくないです。

 

 

時間がかかるということは、それだけ歳もとるということを意味しています。異動のために、5年、10年費やした後だと20代後半から30代に突入しているので、職務経歴に基づく転職以外は殆どできなくなってしまいます。

 

 

自分が本当にやりたいことであったり、今の仕事が合っていないと思ったのだとしたら、異動という手段に固執するのではなく転職という手段もあるということを忘れないでいてください。

 

 

転職

この記事に関連する記事一覧