転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

転職時期を決めるポイント


勤続年数

すでに短期の転職を繰り返している場合は、応募先の採用選考で不利になるケースがあります。

 

 

せめて2年間は在職した経験があると印象が変わります。

 

現在の年齢

 

 

ハードルが高くなる目安年齢は職種分野でも違いますが、とくに24歳、29歳、34歳など区切りの年齢に合う人は要注意です。

 

 

経済面の損得

賞与支給の後や退職金支給規定の勤続年数をクリアする時期、また自己都合退職の場合の失業手当給付期間から見た勤続年数条件など、少々の時期の差が損得につながることもあります。

 

 

転職を決める20代のポイント

キャリアの浅い応募者は、「第2新卒」と見なされるか「フリーター」と見なされるかで選考に影響するもの。

 

 

職歴がアルバイトや派遣だけなら、志望業界の選考の傾向をチェック。場合によっては、ある程度の勤続実績を積むまで待つほうが有利に運ぶ例もあります。

 

 

20代の転職者によくあるのが、「人と接する仕事がしたい」「世の中に役立つ仕事がしたい」といった漠然とした希望です。

 

 

でも、これでは「何でもいい」と言っているようなもの。実際、対人折衝のない仕事、社会的意義がない仕事などは、探しても

 

 

なかなか見つからないでしょう。また「営業職は自分に向かない」「企画系の仕事がいい」「違う分野で自分を試したい」なども同じ。

 

 

 

営業以外の仕事や企画系の仕事、モノづくりの仕事も多種多様にあります。

 

 

転職を決める30代のポイント

即戦力を求める中途採用ニーズは欠員募集が中心。明確な発生時期は不明ですが、自分なりのスケジュールを立てたら、いつでも応募できる

 

 

態勢を整えておくことです。そのうえで、求人をこまめにチェックして、チャンスを逃さないようにしましょう。

30代の転職者に対して求人企業が求めているのは、即戦力としての貢献です。実務力や専門知識などに加え、リーダーシップを問われるのが20代とは違う点。

 

 

また35歳を過ぎれば、業務課題の把握はもちろん、対応策や改善の提案など、マネジメント意識の有無やパフォーマンス向上への推進力も評価項目になってきます。

 

 

自分がそれらの選考基準にマッチしていることを、職務履歴や業務経験によって伝えるのが応募書類の役割です。

 

 

主要業務を羅列するだけではダメ。勤務先の規模や特性、守備範囲、また自分なりの取り組み姿勢やその結果としての業績など、担当した業務の詳細な内容を記すことで即戦力を裏づけていきましょう。

 

 

転職を決める40代のポイント

40歳での転職は世間でも言われている通り、20代・30代と比較しても非常に難しくなります。そのため、うまくいく人と慎重になるべき人がはっきりと別れる年齢でもあります。

 

 

「40歳で転職してうまくいくのだろうか」など40歳は節目の歳で転職が気になる方も多い中で、不安な気持ちが払拭できないのではないでしょうか。

 

実は、40歳の転職は30代までの転職と比較しても難易度が上がり、待遇が大きく落ちたり、転職先が全く見つからない恐れがあります。

 

また、万が一転職先が合わなかった場合、40歳を超えて短期間で2回転職することはいかに優れたキャリアであっても現実的ではないため、慎重に決断をするべきです。

 

40歳の転職が難しいと言われる2つの理由

一般的に40歳の転職は以下の2つの理由で難しいと言われています。

 

40歳からの求人は管理職や管理能力を期待した求人になる40歳の待遇として給与が相応に高くなることが多い40歳からの求人は、管理職や管理能力を期待した求人を募集している企業から見て、40歳の方を採用するのはその管理能力を期待してということが大半です。

 

しかし、多くの会社はピラミッド型の組織構造であるため、管理職などのポジションというのは非常に少ないのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職

この記事に関連する記事一覧