転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

飲食業で働く準備をする


もともと料理をすることが好きだったり、人と接することが好きで飲食業に就職する方はいます。

 

 

飲食業界に入ってくる方は「調理」や「接客」などの仕事が好きで入ってくる人は、実際多いです。

 

 

来店するお客さんとコミュニケーションがとれる仕事ですので仕事の充実感も得られますし、お店の料理やサービスを褒められたりすると嬉しいですよね。

 

それに飲食業界は人手不足を解消するために、職場環境の改善にも力を入れるようになってきました。

 

 

これまでは拘束時間が長くて休日が少ない会社が多かったですが、最近は24時間営業をやめるファミレスや元旦を休日にする会社も出てきました。

 

 

長時間労働に対する世間の風当たりが強くなっているため、社員の負担やストレスを減らすためにバイトを増やしたり、会社によっていろいろと改善が進められています。

 

 

しっかりと休みが取れる飲食業の会社も増えてきました。

 

 

それに飲食業界の正社員の給与も上がってきているのです。

 

 

飲食業界のアルバイトの時給も上がっていることは確かです、正社員の給与も年々上昇してきているのです。

 

 

この業界に興味がある方は就職・転職先を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

1. 飲食店で働く心構え

転職するにあたり非常に重要なポイントは、30兆円ともいわれる飲食業界は現在、高品質の料理や接客サービスに対応する「本物志向」の店舗と、大規模なマーケティング戦略と、コストダウンを進め「チェーン化」させていく店舗の二極化の傾向があります。

 

 

自分に合った環境がどのタイプなのかを考えるのが重要だと言えます。

 

 

飲食業は「おもてなし業」ということが最も重要なポイントとなり、すべて人間関係によって成り立っていると言えます。飲食業は「人」のビジネスで、お店の経営、お店とお客様の関係、一緒に働くスタッフの“気持ち”“想い”がこもっているかによって差がつきます。

 

 

繁盛店や魅力的なお店とそうでないお店があります。

 

 

飲食店の仕事は一見華やかに見えますが、サービス業なのでとても大変です。普通の企業だと土日休みのところが多いですが、飲食店の場合は土日など普通の人が休みの時が

繁盛する時のため、仕事の休みは平日が中心となります。

 

 

また、ホールスタッフ、厨房スタッフ共に立ち仕事が基本となるのでかなり体力を使います。

 

 

しかし、他の仕事と比較すると向上心や将来の目標を持って働いている人が非常に多いので、将来は独立したいなどの夢を持つ人も珍しくはありません。

 

 

また、働いている年齢層も幅広いので人間関係についてもしっかりと学ぶことが出来ます。

 

 

転職するにあたり非常に重要なポイントであります。

 

 

2、飲食業で働く意義(目的)

どの世界でも同じですが飲食業を自分の生涯の仕事として将来は自分の店を持って独立することを目的にしている方と、一時の腰掛け的な仕事としては働いている方とでは根本的な意味が違います。

 

 

根本的に飲食業を好きでない人にとっての飲食店での仕事は、バイトとして一時的に生活費の足しにするぐらいで、時給を得る以外に大したメリットはないのです。

 

 

調理師として働いている人とサービス面での仕事をしている方とは根本的なスタンスが違います。

 

 

調理師修行として働いている方は、自分の修業の場であり、調理長である親方に付いて教えてもらっている立場です。

 

 

店のオーナーやマネージャーが何を言っても調理長から言われなければ本気では従いません。

 

 

意識としても飲食店のオーナーやマネージャーに雇用されている意識は薄く、調理長が自分達の親分であり師匠になります。

 

 

一方、フロア関係のサービスに従事する方々は店のオーナーやマネージャーを中心に仕事をしておりますので店に対する意識は調理師よりも高くなります。

 

 

3、飲食店の種類によって働く意味もメリットも色々

飲食店の種類としては超高級な接待向けのレストランや高級料亭が有ったかと思うと、B旧グルメで低単価のお店もあります。

 

 

従業員には正社員として働いている男女がいれば、学生や主婦のバイトもいます。

 

 

また、高齢化時代を反映して定年後の男女もいます。

 

 

飲食店の仕事の種類には料理を作る料理人もいますが、和食からフレンチ、中華、イタリアン、ラーメンー焼き鳥などと数多くの種類の調理人がいますし、酒類を扱うバーテンダーからソムリエもいます。

 

 

フロアのサービスを行なうサーバーもいれば座敷の仲居さんもいますし、出前の配達をする人もいます。

 

 

また、程度の高い技術と経験を要求される調理人や高級レストランや高級料理店などのサービスなどのように高い技術や知識、経験を必要とする仕事もあれば、普通に結構であれば特別な技術や能力が無くても出来る仕事もあります。

 

 

学生にとっての飲食店の仕事高校や大学生などの若い学生が学業の合間に出来るバイトとして人気があるのはコンビニの店員や、スーパーなどのレジや商品管理もありますが、飲食店の種類によっては学生でも従事できますし時間的に夜に集中して出来ますので数多くの学生バイトが飲食店で働いています。

 

 

学生にとって一番のメリトとしては夏休みや冬休みなどに集中して働けることお有りますし、学校の勉強が終わった後の時間を選ぶこともできますので助かります。

 

 

また、飲食店では、大抵の場合は何らかの従業員用に賄いがでますので食費の意味でも助かります。

 

 

さらに、ユニフォームも貸与されますので服装の意味でも自分で用意しなくて済みますので費用的にも衣類の洗濯の点店でも助かります。

 

 

自宅から勤務先までの往復の交通費も支給されますので学生としての自分の定期などと組み合わせれば得にもなります。

 

 

勤務先で労災にも加入してくれますので仕事関係での事故でのケガや過労などで病気などの時に労災申請が出来ますので安心です。

 

 

若い学生は社会経験も少なく未熟ですが、飲食店の種類によっては先輩に少し教えてもらえば経験がなくても誰でも出来る仕事なので雇用してもらいやすいのです。

 

 

 

飲食店のバイトでは、特別な技術や経験がなくても出来る仕事が多いのですが、一番大切なことは明るい笑顔や正しい言葉遣いと礼儀作法になりますのでマナージャーや先輩従業員から指導されます。

 

 

このことは学生にとって何れ卒業して社会人として正式な仕事につくときの為に役に立つ事なのでバイト料をもらいながら指導してもらえますので特になります。

 

 

また、飲食店の仕事はお客さまとの関係に於いても仕事仲間との関係においても社会人として最も大切な人間関係の築き方の勉強にもなります。

 

働く

この記事に関連する記事一覧