転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

トラックドライバーになって良かったこと


地理にとても詳しくなれました。

 

 

単純にトラックドライバーをやってるからといっても、ただ乗ってるだけでなく。

 

 

知らず知らずに地理がとても詳しくなれるんで。

 

 

特に抜け道なんかは抜群に得意分野にもなれるので周囲からは意外と重宝される存在にもなれます。

 

地理的に詳しくなれることは意外と自分自身にも助かることでもあり、特にトラックドライバーをしてれば荷物配送とかでも、どう運転していけば良いのか、時間帯は、とか詳しいことが見えてくるので結構楽しみながらトラックドライバーをすることができます。

 

 

長距離ドライバーの魅力は全国のいろいろな場所に荷物を配送する為、その地域のお店、サービスエリアに詳しくなることができます。

 

 

皆が知らないような美味しいものをたくさん食べることが出来ます。

 

 

また、長距離を運転し、荷物を運んだ分だけ給料に繋がるため、高収入が得られます。

 

 

ルートセールスの魅力はお客さんと安定した良いつきあいをしていくことが大切なので、たわいのない話で仲良くなることも出来る。

 

 

いつの時代にも必要とされる配送ドライバーは常に求められる人材です。

 

 

トラックを運転し配送するドライバーという職業は、常に求人募集されていますが、それは必要な仕事であり、今後も無くならい仕事です。

 

 

リストラの心配もなく、同種への転職もしやすい職業であると言えます。

 

 

必要とされるからこそ高給、激務の割に薄給であるというイメージは改善しつつあります。

 

 

アマゾンなどの影響で物流や流通業界はニーズが増しているので、これ以上負担をかけて人出不足を招きたくない配送業界は風通しや待遇を良くしようと改革を図っています。

 

 

もちろん長時間拘束や、体力が必要な仕事ではありますが、その分給料はしっかりともらえますし、なくてはならない仕事だからこそ高給なのです。

しかも免許がある限り無くならない仕事なので、何歳になっても安定感があります。

 

 

不景気や就職が厳しい今、ドライバーの仕事はいつの時代にも必要とされる仕事であると言えるでしょう。

運送会社が新たなドライバーを募集し、給料や条件も良くなることが予想されるので、これからトラックドライバーに転職する人はその恩恵を受ける可能性が十分にあります。

 

 

高齢化が進む業界なので、求人は多数あり、未経験でも受け入れてくれるところも多いです。

 

 

転職のしやすさや、良い意味で敷居の低い業界なので、給料やベストな環境さえ見つかれば、あなたにとって魅力ある注目の業界になると思います。

 

 

トラックドライバーの給料

トラックドライバーと言えば長距離移動が付き物で勤務時間も長く、体力的な負担の大きい仕事として知られています。

 

 

しかしその分、待遇は決して悪くなく、新卒でも20万円以上貰える会社も多いので給与水準は高い業界です。

 

 

会社に寄りますが、基本的には歩合制、免許はやはり大型だと給料も高くなる傾向にあります。

 

 

中型などは長距離搬送が比較的少なく、深夜帯になれば当然手当もつくので、自分に合った働き方や環境を選べば、働きやすい環境を維持しながらも満足いく給与を得ることが十分可能な業界なのです。

 

配送ドライバーのメリットとデメリット

一人でできるので人間関係の煩わしさがありません。

 

 

配送ドライバーは普通、車を運転している時間が長い仕事です。

 

 

配送先のお客さんのところでの積み下ろしが唯一の人と触れ合える時間ですが、それ以外はほとんど一人。そのため、運転中周りの人とのコミュニケーションを取る必要もなく、普通どこの会社でもある人間関係からは解放されている仕事かもしれません。

 

 

人づきあいが苦手な方や、話すのが好きではない人にとってはいい仕事でしょう。

 

 

ただ車の運転が得意、また運転が気分転換になる位の人ではないとストレスになると思います。

 

 

常に安全意識をもつことは重要です。

 

 

ドライバーは、事故を起こさないように、さらに決められた時間内に配送する必要があるので常に緊張感が必要な仕事です。

 

 

特に辛いのは冬よりも夏で、白熱の太陽のもと熱い車に乗り降りして心身ともに疲れてしまうことがあります。

 

 

体調管理はもちろんのこと、自分で休憩や水分補給などを意識しないと体調を悪くしてしまいます。

 

 

車の安全と自分の身体の管理、加えて時間の管理や、顧客、勤務先の会社との良い関係に留意する必要があります。

 

 

そういう意味では、自分で自己管理できる人である必要があります。

 

 

やっぱり自分に向いてる?それとも無理?

 

 

比較的給与の高いドライバーの仕事ですが、やはり車を運転したり重い荷物を運んだりと体力や神経を使う仕事であることは間違いありませんので、やはり、自分に向いているか、いないかという点で悩むと思われますが、ただ、運転中の車内での時間をどれくらいリラックスして過ごせるかがこの仕事を続けることのできるひけつになります。

 

 

もちろん運転中や顧客と接するときなどは事故やミスのないようにきちんと業務をこなす必要があり、基本は車内で過ごす時間が長くなります。

 

 

会社が厳しくなければ、仕事の運転中、音楽や語学の勉強をしている人はこの仕事をしている間を有効活用できる。

 

 

以上のメリットデメリットから自分に向いているか、それとも難しいか判断して、ドライバーの仕事をしたいものです。

 

 

転職

この記事に関連する記事一覧