転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

40代の転職に必要なこと


スキルのあるひとなら、仕事に困らない人間になれると思います。例えば、30代の管理職経験者は人材層が薄いので40代を取るケースが少なくないです。

 

 

日本の古い風習では、35歳が限界という説がありましたが、時代は変わったのです。

 

 

日本企業にも実力主義が広まり、実力が評価されるようになり、40代でも転職しやすくなりました。

 

40代の転職で求められるのは管理職スキル

40代の転職には、若い人にはない、組織を作り上げる力を重視される傾向があります。

 

自分には管理職スキルがないと思っていた人も、これまでに、管理職スキルに相当する経験を積んできた可能性があるので、あきらめるのはまだ早いです。

 

 

40代以降の転職の場合は、自分から組織をまとめたり、会社を盛り立てたりできる人が必要となってきます。

 

 

プレーヤー(組織の戦力)に留まらないさらに上のスキルが求められます。

 

スキルが高い人を採用した場合、プレーヤーとして発揮できる力を1とし、部署全体を率いることができてリーダーシップがある人を採用した場合の結果は8といったように可能性が高くなります。

 

 

マネジメントの定義

マネジメントの定義とは、経営資源をいかに効率化していくかということです。社会に貢献するために組織の使命に人々が共感し使命を達成するために時間、金、物、人、情報、技術の経営資源を効率的に活用して相乗効果、波及効果を発揮することです。

 

 

全体を見ながら指揮、統率する力、仕組み化していくことで、現場を動かし統率していきます。

 

この時、判断基準にして欲しいのは、組織の理念や経営方針です。

 

総合的にマネジメントできる企業として、人材の育成に努め、企業としての価値を高めると共に、社会的責任を果たし、企業価値の更なる向上を図る。

 

 

そして、常に時代の風を読み、変化する社会の要請に即応しながら 一歩先のテーマに取り組み、企業価値の向上と経営の安定に努め、ひいては豊かな社会の実現に貢献すること。

管理職スキルとは

トップの考えを現場レベルにかみ砕いて、達成度に応じて次の課題を示していきます。

 

情報関係、コンプライアンス関係、業務遂行関係、対人関係、などが、これにあたります。基本的な役割は、以下の通りです。

 

 

・情報関係 社内外の情報収集、周辺分析、情報を経営トップへ伝達する。経営トップのメッセージを咀嚼し、現場へ浸透させる。

 

他部署、取引先、顧客からの要請や問い合わせの対応。自らのチームが目指すべき方向性の明示。グループ企業や関係部署との折衝。情報共有。

 

・コンプライアンス関係 適切な情報管理。内部統制や気密情報の漏洩対策。業務に関わる法律や実務上の留意点の理解促進労働関連法規の遵守。個人情報の適切な管理。

 

・業務遂行関係 経営のグローバル化への対応。海外におけるマーケティング、現地消費者にとって魅力ある製品

 

サービスの提供、海外のパートナー企業との綿密な連携。

 

 

・対人関係仕事に対する動機ずけ。社外の関係者との連携強化や人脈作り。部下が協働し合う職場ずくり。人間関係上のトラブルの

早期解決。部下一人ひとりに性格や長所、短所を踏まえた指導、育成。

 

 

 

管理職が活躍できない原因

ビジネスの複雑化、高度化、雇用形態や働き方による意識の多様化、組織のフラット化による影響、短期的な業績、結果志向の強まり、失敗を許容していない、コンプライアンスに関する管理実務増大などです。

 

転職

この記事に関連する記事一覧