転職 時期

転職エージェントランキング|失敗しない転職支援サイト

辞めた方がいい会社を見分ける10のポイント


毎日夜遅くまで働いて、こんな会社辞めてやると思いつつも、続けてしまう、泣き寝入りして翌日には、また頑張ってしまうということを繰り返す毎日、こんな会社辞めたいという思いを踏みとどまる背景には、絶対一つの会社で働いた方がいいという基本的な概念があると思います。

 

 

実際にはそうとも限らないと思います。同じ会社で働き続けるということはデメリットがあります。

 

視野が狭くなっている

ずっと同じ会社で働いて、他の庭を見ていないので、その会社の社風、色に染まってしまい、自分の悪いところが、見えなくなってしまう、その会社独自の見方しかできなくなり、それが人と違っていることに気ずくことができなくなっています。

 

 

自分の立場が会社ではそこそこでも、なあなあな関係になってしまい、外にいったらまったくの井の中の蛙になっていることしばしば、ずっと同じ会社で働いていると、新しいものを手に入れようとする気がなくなり、向上心がなくなります。
視野を広げるために、転職を選択する人もいます。

 

 

せっかく持っているスキルを発揮できなくなっているかも

あまりにも長く同じ会社で働いていたせいで、転職した際に必要な知識を身に着けることができなくなってしまうかも。

 

畑違いの業界になれるというのは意外に大変なことです。もしも、今いる会社が倒産して、転職しざるを得ない状況になることを考えると、やはり、いろいろなスキルを身につけた方が、将来的に有利だと思います。

 

 

 

 

退職すべき会社を見分ける10のポイント 辞めた方がいい会社はこんな会社!

辞めた方がいい会社というのがあります。今回は今すぐにでも辞めた方がいい会社の特徴について詳しく解説していきます。

 

 

今まさに会社を辞めようかどうか悩んでいる方は、チェックしていただければと思います。

 

 

1. 給料やボーナスがカットされている
給料やボーナスがカットされたりしていないかどうかです。もしカットされているようであれば会社を辞めることを検討すべきです。

 

 

給料やボーナスのカットは会社の経営状態が危なくなっていることを示しています。もしそういった状態が続くようであればいずれ倒産する可能性も考えられるでしょう。

 

 

2. トイレなどの共有スペースが汚い

 

 

トイレなどの共有スペースが汚く、社員全員が使う共有スペースに気を配れていないというのは、

 

 

それだけ会社に余裕がない状態であることを意味しています。清掃員を雇う資金的な余裕がなかったり、安心して仕事ができる環境とは言えません。

 

 

3. 仕事に誇りが持てない

 

 

会社の仕事に対して誇りを持てない場合は辞めた方がいいでしょう。

 

 

どんなに辛い仕事であっても、自分は仕事を通して社会に貢献しているという誇りを持てれば頑張れるものです。

 

 

社会への貢献よりも会社の利益を最大化することのみに注力するなど自分の目指したい方向と会社の方向が食い違っている場合には誇りが持てなくなることがあります。

 

 

そのような会社で働き続けることで、間違いなく大きなストレスを抱えることになるでしょう。

 

 

それは今の会社と自分の考えが合っていないということです。早めに自分に合った会社を探し始めることをおすすめします。

 

 

4. 残業や休日返上が常態化した会社

 

 

長時間の残業や休日を返上した労働が常態化している会社は、採用がうまくいっていなかったり、人材が定着しにくいなど、いくつかのネガティブな原因が考えられます。

 

 

また、このようにしっかりとした休息がとれないまま働き続けてしまうと、体力的にも精神的にも大きな負担になります。最悪の場合、うつ病などの精神病を発症、

身体を壊すことにもつながります。

 

 

このような会社で働いている人は疲れ切った顔をしている方が多いです。

 

 

会社を早めに辞めることをおすすめします。

 

 

5.社員のやる気が感じられない

 

 

ビジネスパーソンとしてキャリアを積む上で、どんな仕事に携わるか、どんな方々と一緒に仕事をするのかといった点も重要です。そういう意味で考えると、

働いている社員からやる気が感じられない会社は辞めた方がいいでしょう。

 

 

一緒に働いていて互いに刺激し合えるような方がいない場合、自分自身の成長にもつながりません。また、気をつけたいのは徐々に

 

 

自分自身も周りにつられてやる気を失ってしまう危険があることです。そうなってしまうと自分自身のキャリアも台無しにしてしまいかねません。

 

 

6.社員の経験や適性を無視した人事異動を強制する

 

 

社員のこれまでの経験や適性を無視した人事異動を強制するような会社は辞めた方がいいです。こういった会社は人材をただの道具としてしか見ていない。

 

 

人材を大切にしない会社は長い目で見て生き残ることは難しいでしょう。何より理不尽な人事異動であなた自身のキャリアがめちゃくちゃになってしまう危険もあります。

 

 

社員を自主退職に追い込むためにわざとこのような行動をとることもあります。つまり社員に給料を支払う余力がないとも考えることができます。

 

 

このような会社は間違いなく早めに辞めた方がいいです。

 

 

7.展開しているビジネスに将来性が感じられない

 

 

長い目で見た時に将来性を感じない会社も辞めた方がいいと言えます。今特に注目を集めているのはAIと呼ばれる人工知能やロボット。

 

 

こういった新しい技術が将来的に社会に与える影響は非常に大きいと考えられます。例えば、工場などで行われている単純作業には既に

 

 

ロボットを導入している会社も増えています。初期コストはかかりますが、長い目で見た場合、人を雇うよりも費用を抑えることができるからです。

 

 

将来的に衰退していきそうな仕事に就いている場合は、将来性のある会社に転職することをおすすめします。

 

 

8.仕事の内容がグレー

 

 

会社の仕事内容がグレーな場合、問答無用で今すぐ辞めた方がいいです。取り返しのつかないことに巻き込まれる可能性があるので、

自分の身を守るためにも早めに行動しましょう。社員にグレーな仕事をさせている会社が社員の人生について真剣に考えているわけがありません。

 

 

もし万が一、今の仕事が摘発されるなどしてあなたは違法性のある仕事をしていた社員としてのレッテルを貼られ、あなたの転職市場価値は暴落します。

 

 

公になってからでは遅いので、普段の仕事の中で違法性を感じさせるようなことがあれば、すぐにでも行動に移しましょう。

 

9.休職している社員が多い

 

 

今勤めている会社で休職している方が多い場合は早めに辞めた方がいいと言えるでしょう。

 

 

ここでいう休職は、病気による休職という意味です。

 

 

こういった会社は肉体的にも精神的にも追い込まれている社員が多い傾向にあり、社員を無理に働かせて何とか仕事を回している会社です。

 

長くは持たないでしょう。

 

 

できるだけ早めに見切りをつけて転職するべきです。

 

 

10.辞める社員が増えている

 

最近辞める社員が増えているというのもそうです。非常に分かりやすい特徴と言えます。会社側は辞める方々の理由について把握しているはずですが、

そこに対して何の対策も講じていないことになるからです。これはそのまま人材を大切しにしていないということにもつながります。

 

 

最近退職者が増えていてその傾向が続くようであれば、あなたも早めに辞めた方がいいでしょう。

 

転職

この記事に関連する記事一覧